大阪なおみの記念切手について


現在、大活躍中のテニスの大阪なおみ選手。
全豪オープンでも順調に勝ち進み、優勝が期待されています。
さらに世界ランク1位も視野に入っているとの事なので、応援したくなりますよね。
今後の活躍が楽しみです。

さて、大阪なおみ選手の記念切手ですが、2018年全米オープンテニス初優勝記念フレーム切手セットとして販売されています。
2018年10月15日から2018年12月28日まで申し込み受付期間、(ネットショップでは2018年12月31日まで)となっています。

1セット6000円での販売です。
セットの内容はフレーム切手(62円切手(シールタイプ)10枚)×1シート、特製箔押しホルダー×1個、特製箔押しポストカード×8枚(8種)、特製ポストカード×24枚(24種)と豪華な内容です。
大阪なおみ選手が優勝カップを持っているデザインから、試合中の様子まで様々な表情の大阪なおみ選手が、切手のデザインになっています。

大谷翔平の記念切手について



スポーツ選手の活躍が目覚ましい中で、日本人メジャーリーガーとして忘れてはいけないのが大谷翔平選手です。

活躍が難しいと言われていた二刀流で、エンゼルスの中心選手として活躍している姿を見ていると誇らしい気持ちになります。

ケガから復帰と今後の活躍をますます応援していきたいです。


大谷翔平選手の記念切手は2018年MLBア・リーグ新人王受賞記念プレミアムセットとして販売されています。

申し込み受付期間は1回目が2018年12月17日から2019年1月20日、2回目が2019年1月21日から2019年2月28日となっています。


1セット6000円での販売でセット内容は、フレーム切手(62円切手(シールタイプ)10枚)×1シート、フォトサイン色紙×2枚(2種)、特製箔押しホルダー×1個、特製箔押しポストカード×2枚(2種)、ゴールドメタリックプレート×1枚、特製ポストカード×24枚(24種)と、こちらも豪華な内容になっています。

切手デザインも大谷翔平選手の試合中の様々な表情がデザインされています。


大阪なおみや大谷翔平の切手の価値は将来あがる?




 大阪なおみ選手や大谷翔平選手は現在でもとても人気がある選手なので、今後、ますます活躍が期待されますよね。

切手も同じくファンの間で人気がでたりすると、プレミアがつくのではないかと思います。

切手を記念として購入される方がほとんどですので、保存状態が良いものが多いと考えられます。

さらに販売枚数が多かったりすれば、将来も額面通りの価値でしか買取できない可能性もあります。

販売された枚数が少なかったり、爆発的に人気で希少価値が高まると将来、プレミアの価値が期待できるかもしれません。


同じようなスポーツ選手の記念切手の買取相場は?



これまでたくさんのスポーツ選手の記念記念切手が販売されています。

初めてスポーツ選手が切手の絵柄に採用されたのは69年前で、第2回国体記念切手の選手たちでした。


昭和の時代に切手集めがブームだった頃に発売された、力道山や双葉山、織田幹雄の切手が復刻版として絵柄に採用されるケースも増えてきているそうです。

今回調べた中で販売後、高額で取引されたスポーツ選手の切手は「平昌2018冬季大会日本代表選手メダリスト公式フレーム切手」として、82円切手が5枚セットで1シート1400円で販売されたものでした。


大人気の羽生結弦選手が額面にデザインされていて、2倍程の価格で取引されたこともあったそうです。

スポーツ選手の切手も通常の切手と同じく、人気、保存状態、希少性などで買取相場が変動します。

これからも注目の選手が切手のデザインとなって販売される事が多くなりそうですね。

どんな切手が販売されるのか注目していきたいと思いたいです。


大坂なおみや大谷翔平など、スポーツ選手の記念切手は高く買い取ってもらえる可能性もあります。


まずは記念切手の買取相場だけでも、こちらのランキング中の切手買取サイトいn問い合わせして聞いてみてくださいね↓


>>切手買取ランキングはこちら