オリンピック記念切手の価値と買取価格の相場について

オリンピック記念切手 価値

 

オリンピック記念切手は、記念切手を代表する切手です。
日本では、東京オリンピック、札幌オリンピック、長野オリンピックという3つのオリンピックが開催されてきました。
各オリンピックでは記念切手が発行されましたが、そのオリンピック記念切手の現在の価値と買取価格の相場についてご紹介します!

 

 


オリンピック記念切手とは

オリンピック記念切手 価値
(画像出典:バイセル公式サイト

 

 

オリンピックが国内で開催されると、合わせて発行されるのがオリンピック記念切手です。

 

日本で過去に開催されたオリンピックは3回で、1964年開催の東京オリンピック、1972年開催の札幌オリンピック、1998年開催の長野オリンピックです。
そして、それぞれのオリンピックで記念切手が発行されています。

 

1年後の2020年には東京オリンピックが開催されます。
合わせて発行されるオリンピック記念切手も人気が見込まれるので、あっという間に完売しそうですね。

 

そこでオリンピック記念切手の価値がどれぐらいになるのか調べてみました。

 

オリンピック記念切手の現在の価値とは?

オリンピック記念切手 価値
(画像出典:バイセル公式サイト

 

過去に発行されたオリンピック記念切手は発行枚数も多く、美品で保管されている方も多いのでプレミア価値がつくことはないのですが、オリンピック記念切手は人気があるので、額面以下の買取価格になることはないようです。

 

2020年開催の東京オリンピック開催で、オリンピックに注目が集まっている今だと、過去のオリンピック記念切手も高額査定が期待できるかも。
オリンピック記念切手を売りたい方は、シミや汚れがついて価値が下がってしまう前に早めに買取してもらった方が良いかもしれません。
まとめ売りだとさらに買取価格が高くなるようですよ。

 

それではオリンピック記念切手の買取価格の相場はいくらぐらいなのでしょうか。

 

オリンピック記念切手の買取価格の相場はいくらぐらい?

 

オリンピック記念切手の買取価格は基本的に額面ベースです。
やはり発行枚数がかなり多いので、希少価値がなく特別な価格は期待できないようですが、大量にシートがあれば買取価格も期待できます。
シート状態であると多少の付加価値がついたりする事もあるようです。

 

それぞれ過去のオリンピックの記念切手の買取価格について紹介します。

 

東京オリンピック記念切手の価値と買取価格について

オリンピック記念切手 価値
(画像出典:バイセル公式サイト

 

日本で初めての開催となった東京オリンピック。
当時発売された記念切手の種類は「日本武道館」「駒沢体育館」「国立代々木競技場」「聖火台と競技人物」「国立競技場」の5種類が発行されました。
額面は5円、10円、30円、40円、50円です。
それぞれのバラ切手と5枚まとめての小型シートも発行されました。
価値は大体額面程度なので、10円〜60円になります。

 

札幌オリンピック記念切手の価値と買取価格について

 

日本で初めての冬季オリンピックで種目も夏季オリンピックと異なり、スキー・ボブスレー・スケートといった冬季ならではの図案が特徴です。
20円切手が2種類と50円切手が1種類発行されており、3種連番の小型シートも発売されました。
価値は20円〜50円程度、小型シートも額面程度の価値となるようです。

 

 

長野オリンピック記念切手の価値と買取価格について

 長野オリンピックは20世紀最後のオリンピックです。

 

発行された図案は「アルペンスキー」「スノーボード」「カーリング」「スピードスケート」「クロスカントリー」で、札幌オリンピックとはまた異なる図案となっています。
こちらはバラ切手での販売はなく、50円切手が5枚、80円切手が5枚の10種類連刷の状態での小型シートでのみ発行です。
買取価格は未使用のシート状態で600円〜700円程度になります。

 

過去のオリンピック記念切手は図案にも個性があって面白いなと感じました。
2020年開催の東京オリンピックに合わせて、過去に開催されたオリンピック記念切手を集めたいと思う方も増えると価値も期待できそうですね。

 

2020年の東京オリンピックはどんな種類のオリンピック記念切手が発行されるのか楽しみですね!

 

世界のオリンピック記念切手は高く売れるかも

オリンピック記念切手 価値
(画像出典:バイセル公式サイト

 

オリンピック記念切手は、もちろん日本のオリンピックだけではありません。
日本以外の世界各国でオリンピック記念切手は発行されています。

 

そういった世界のオリンピック記念切手の中には、とても希少性が高く非常に高く買い取ってもらえることもあるようです。

 

例えば、世界初のオリンピック記念切手というのは、上記の1896年の第1回・アテネ大会を記念した、開催国であるギリシャ発行の12種セットのオリンピック記念切手です。

 

第1回の近代オリンピックの大会が発行したオリンピック記念切手です。
ただ、これ以降、オリンピックで記念切手が発行されることは、1920年の第7回アントワープ大会まではありませんでした。
そのため、第1回の世界初のギリシャのオリンピック記念切手は非常に希少性も高く人気がります。

 

こういった世界のオリンピック記念切手の中には、とても希少性が高く、非常に高く買い取ってもらえるものもあります。

 

オリンピック記念切手を1円でも高く売ろうと思うなら、切手買取の専門業者にきちんと査定してもらいましょう。

 

オリンピック記念切手を売るのなら、こちらのランキングでご紹介している安心の切手買取サイトがおすすめですよ。

 

安心のおすすめ切手買取サイトはこちらからチェックしてみてくださいね↓

 

>>安心のおすすめ切手買取サイトランキングはこちら